どうも、スタッフタムラです。ブログを継続して読んでいらっしゃる方はタイトと出だしを読んだ瞬間「この筆者、お酒が好きなダメ人間だったよなぁ…」と悲しくも紛れも無い事実を思い出したのではないでしょうか。だとしたら流石です。
ただ、最近は晩酌をする時間が無いためか飲酒量が激減しました。驚くべきことに大好きなハイボールを飲まずとも自我を保っています。
しかし、1週間ほど前に友人から自家製の果実酒を頂いたことが契機となり、新たなアルコールゾーンに踏み入れてしまいました。頂いた果実酒がまことに美味しくて「こんな美酒を手作りできるなら作らない手は無い」と私を奮起させてしまったのです。やる気の無駄遣いも甚だしいですが、果実酒の作り方を調べ試作してみました。以下でレシピをご紹介します。
皆さんもこの秋、お好みのフルーツで果実酒を作ってみてはいかがですか。

*果実酒の作り方*
必要なもの・材料:大きめのビン、リキュール、フルーツ、レモン汁(使用するフルーツが非柑橘系の場合)、砂糖(200~300g)、炭酸水やジュース
作成期間:3~4週間
① フルーツを適当な大きさに切り、できるだけ水気を切る
② ビンの中に切ったフルーツ、お砂糖(適量)、を入れ、リキュールを注ぐ(フルーツが柑橘系で無い場合は、レモン汁も足すと酸味が加わり◎です)
③ ビンの中身をよく混ぜたら密封し3~4週間、冷蔵庫で寝かせる
④ 完成

ご覧の通り、意外と簡単に作れます。ただ、完成まである程度の期間を必要とするので、緊急の飲酒欲を満たすのは難しいですね。
完成時は炭酸やジュースで割ると美味しく頂けます。
アルコールは、適量を摂取することで脳内でドーパミンが分泌され、ストレスの発散ができるそうです。飲みすぎや毎日の摂取は好ましくありませんが、適度に嗜んで癒されたいですね。

注:筆者がここでご紹介したレシピはあくまでも自己流ですので、本格的に果実酒を嗜みたいかたは別のレシピをご参照ください。

文責:タムラ