何のゲームとは言わないですが、登場人物にこんなひどいこと出来ちゃうお前らサイテー!悪!選択肢に責任持て!系のゲームがあまり好きではないスタッフタカハシです。
最近こういうメタフィクションを取り扱ったゲームがSTEAMに多い気がします。私が被弾しているだけかもしれません。選ばされているのかもしれない。

皆さんはゲーム、好きですか?私はそこそこ好きです。
この間までSTEAMにてサマーセールをやっていましたね。いろいろ気になっていたゲームはあったものの、結局買ったゲームは1つだけでした。
Hacknetという簡単にいえば自分がスーパーハッカーになった気分になれるご機嫌なゲームです。
やっぱり“自分自身”がゲーム内の世界に没入し干渉していく感覚は最高ですね。
幼いころは無口な主人公に自分を重ね、彼が剣を握るようにコントローラーを握り締めて世界を救ったものですが、年をとるにつれて主人公と自分の間には巨大な壁が出来てしまいました。自分は物語になれないと少しずつ実感していったということなのかもしれません。
ですが、このHacknet、“自分が自分のまま”物語の主人公になるのです。誰に重ねるでもなく、誰の代わりになるでもなく。

何を言ってるんだこいつ?って感じでしょうが本当にそうなので実際プレイしてみてほしいです。他でもない自分がキーボードを叩き、Hacknetの世界に干渉していく。Hacknetの世界の住人になっていく。
こういう非現実的な感覚を現実で体験できるって言うのはすばらしいですね。いやハッカーは現実にいるんですけども。
私はまだやったことがありませんが、VRとかもこういう感覚に近いのかもしれませんね。

話が散らかってきたのでここで終わりにします。お勧めのゲーム等あったら教えてください。スタッフタカハシでした。