もうすぐ春ですね!
春といえば桜!桜の樹の下には死体が埋まっているかもしれないし、桜が満開のときに下を通れば気が狂い、孤独になると自らが桜になってしまうかもしれない。
人が写っていない桜の樹の美しさには、確かに言い難い不思議な魅力があります。
孤独になった人は花に姿を変え、腐った屍体の液を吸い上げて散ってゆくのです。

それはともかく、皆さんは桜餅といって、どんなものを思い浮かべますか?
私はもち米でできた粉で作られた皮でくるまれたお饅頭のようなほう、一般に道明寺と呼ばれるほうです。
私は生まれも育ちも関東なのですが、道明寺のほうが関西風と始めて知ったときは驚きました。
関東風は、クレープ上の生地にくるんだほうで、名前は長命寺というそうです。
皆さんはどちらの桜餅が好きですか?
春はもうすぐそこ。暖かくなって、桜が満開になったら、桜餅の食べ比べをしてみてはいかがでしょうか。

スタッフ☆くるみ