N825_ko-towokitesorawomiageru-thumb-autox1600-14793

昨日、一昨日と比べると今日は少しだけ暖かいですね、でも防寒対策を万全にして油断せずお過ごしくださいね♪

さて、外出時の防寒対策といえば欠かせないのがコートですよね。デザインや種類が豊富なので防寒だけではなくファッションアイテムとしても楽しむことができるコートですが、皆さまコートの名前の由来ってご存知ですか?今日は筆者が気になって調べてみたコートの名前の由来をご紹介したいと思います。

 

・ダッフルコート

ダッフルコートの「ダッフル」はベルギーのアントワープ市近郊の町の名前で、この地方で作られていたコートなので「ダッフルコート」という名前になったそうです。ダッフルコートはかつて漁師の防寒着とされており、あの独特な形をしたボタンは手袋をした手でも留めやすいように工夫されたものです。

 

・トレンチコート

トレンチコートの「トレンチ」は塹壕を意味する英単語です。トレンチコートはもともと第一次世界大戦時に軍用コートとして作られ、戦時中にイギリス兵が防寒のために塹壕の中で着ていたことが名前の由来となっています。

 

・Pコート

Pコートは英語では「pea coat」と表記されます。この「pea」に関しては、「錨の爪」を表す英単語であるという説とオランダ語で毛羽立った厚手の生地を指す「pij」が由来だという説があるそうです。もともとは漁師や船乗りが着用するコートで、イギリス海軍の軍服とされていた歴史もあります。

 

以上、コートの名前の由来をご紹介しました。調べてみたら、普段何気なく着ているコートにも様々な歴史的背景や名前の由来があることが分かり驚きました(笑)。皆さまも他に気になるコートがあったら是非調べてみてくださいね(*^-^*)