cocoa-385038_960_720

静電気が襲ってくる季節になりました。スタッフタムラです。

最近面白い本を見つけ、「ご飯を食べると眠くなって読書に集中できなくなる。」という理由で食欲が減りました。人間の三大欲求まで凌駕する本に出会えたことに感謝です。

 

突然ですが、皆さんはチョコレートはお好きですが?筆者は好きすぎて常にカバンに入れています。特にカカオ濃度が高めのビターチョコレートがお気に入りです。芳醇なカカオの香りと甘くほろ苦い味、ざらざらした舌触りがたまりません。

しかし、ふと先日「カカオ濃度何パーセントのものが一番おいしいのか。」と疑問に思い調べてみました。そして試食してみた結果がこちらです。

・72%⋯苦みが強いが甘さも感じられちょうど良い。口どけもなめらか。

・86%⋯ほぼ苦さのみ。やや硬い。のどが渇く。

・99%⋯苦さのみ。咀嚼が大変。口の中の水分が消失する。

ちなみに、友人に99%を試食してもらったところ「これはクレヨン。」と言われてしまいました。私も同意です。(実際、紙に文字も書けました。)

しかしそんな苦みを極めたチョコレートも、砕いて熱い牛乳に入れるとおいしくいただけます。牛乳で苦みが中和され、ほどよい苦みと甘みを引き出すんですね。家で一息したいときに飲むのにぴったりです。

上記のような高濃度カカオチョコレートですが、関心のある方はぜひご試食あれ。ただ、食べ過ぎには注意してくださいね。また手元に飲み物があるかどうかの安全確認も忘れてはいけません。

以上、試食レポートでした。