私事ですが、最近1人暮らしをはじめました。1人暮らしは何かと入用でお金がかかりますよね。筆者も、実家暮らしをしていたときのアルバイト代を自由に使えていたブルジョア時代に終止符を打ち、1人で生活費を工面しなければなりません。しかし、現在私はフリーターで来年から社会人になるため、当面はアルバイトで生計を立てていく必要があります。となると、生活費を削らないといけないわけです。さぁ極貧生活の始まりはじまり。という訳で、今回は節約術を考案してみました。読者の方の中には筆者のような守銭奴などいらっしゃらないことと思いますが、万が一いらっしゃればご参考にどうぞ。

・ご飯を減らす…食事の回数や量を減らして節約をする方法です。巷ではよく少食のメリットが取り上げられますし、人間以外と食べなくても生命を保っていられるのではないでしょうか。筆者の知り合いには、1日1食の生活をしている方が2名ほどいますが二人とも健康そうどころか年齢のわりに若々しく、人体の神秘を感じさせます。しかし、だからといって無理に食事を減らすのは禁物ですね。

・家に籠もる…筆者は思うのですが、外出するから出費がかさむのではないでしょうか。外の世界には誘惑がいっぱいありますよね。コンビ二や飲食店の誘惑についつい負けてしまうわけです。したがって外出を控えて家で充実した時間を過ごせば出費が抑えられるのではないでしょうか。…これはきっと、徹底的にコスパを追求すると何もできなくなるパターンですね。

・深夜のスーパーを利用する…深夜のスーパーは節約家の味方です。筆者は昔、2000円以上する黒毛和牛を閉店間際のスーパーで500円程で購入したことがあります。深夜以外では早朝も狙い目ですかね。ちなみに筆者の友人にも1人暮らしをしている人がいて、その人はめんどくさがり屋と節約家を兼任しているため値引きされた惣菜を買うことに腐心しているのですが、安く惣菜を買うために割引前の惣菜の近くでうろうろしていたらパートのおばちゃんに「今値引きするから待っててね~。」と言われたそうです。

以上、貧乏人初心者が考えた節約術でした。色々策案しましたが、もっと良い方法がある気がします。心優しい節約のプロははタムラまで教えてください。

文責:タムラ