自分の数的処理能力を上げるべく、毎日数学を勉強しているのですが、たびたび計算ミスを犯し、自然界では成立しない答えを導出することがあります。スタッフタムラです。

 ところで、皆さんはどのように勉強をしますか?多くの方が自分なりの勉強方法を確立しているのかもしれませんが、書店で勉強に関するハウツー本が見られるのは、勉強方法に悩んでいる方も多いからかもしれませんね。
 ちなみに、筆者には京大出身の友人がいるのですが、その人にどのようにして受験勉強していたか尋ねると「高校では授業中にノートを取ったことがない。勉強は自宅で行っていた。」と言っていました。さらに東大に通っている友人は、「学校の宿題は基本出さなかった。」などと言うものですから、もう日本の教育は見直されるべきかもしれません。
 対して、凡人の筆者は、ひたすら問題集を解いたり、単語や用語をぶつぶつ唱えたりしながら受験勉強を行っていました。また、ときには「戦国鍋TV」という日本史のバラエティ番組を見、番組に出てくる歴史上の人物をモデリングしたアイドルの歌を覚えたり、歌に合わせて踊ったりしながら日本史の勉強をしましたね(ちなみにお気に入りの歌は、AKR四十七の『討ちたいんだ』と徳川15代将軍の『BAKUFUって統べよう!』です。ご興味のある方はぜひユーチューブでご視聴下さい)
https://www.youtube.com/watch?v=1JsD8-hNF8A

 閑話休題、勉強で大事なのは、何といってもアウトプットではないでしょうか。
よく言われることですが、重要なのはインプット<アウトプットです。アウトプット=問題を解く作業 を重ねることで力ついてきます。
 さらに、これは筆者の経験談ですが、間違えた問題は再び間違えることが多いです。そのため、一度つまづいた問題は要チェックし、何度も解くことをおすすめします。
 という訳で、「未だに勉強方法が分からない」という方は、①とにかく問題を解き、②間違えた問題は何度も解く という方法を試してみて下さい。

文責:スタッフタムラ