大学生は春休み真っ只中。飛行機に乗って遠出する人も多いのではないでしょうか。
乗っている間は、友達と話したり、ひたすら寝たり、、、人によって過ごし方は様々。

筆者は、機内サービスを思う存分使いたい派です。
そんな筆者の機内での楽しみの1つは機内食。
寝てしまって機内食を逃したことはありません。
メインは選べるけど、おかずやデザートは手元に来るまでわかりません。
だからこそ、ふたを開けるときがとても楽しみ!
1番印象に残っていることは、そばが出てきたとき。
買ったチケットは外国の航空会社のものでしたが、
JALとコードシェアすることになり、日本食が出てきたのです。
めんつゆもちゃんと用意されていたので、美味しくいただきました!
機内食の選択に失敗したこともあります。確かカタール航空の機内でのこと。
ベジタリアンでもないのに、ベジタリアンメニューを頼んでしまいました。
中を見てみると、、、少し地味な見た目、、食べてみると香辛料がとても効かせた豆料理?のようなものでした。なじみのない味だったので慣れるまで時間がかかりました。
結局、隣にいたタイ料理が大好きな友達に食べてもらいました。。。
ベジタリアンメニューは、正直私にとっておいしい食事ではなかったけれど、目的地以外の食文化を体験できたのは良かったかなと思います。