10月ももう半ば。ハロウィンの装飾をいたるところで見かけるようになりましたね。

ハロウィンというと10月31日ですが、実は翌日の11月1日・2日にもお祭りがあることをご存知ですか。
その祭りの名前は「死者の日」。ハロウィンが盛大に祝われるアメリカのお隣の国、メキシコの祭りです。メキシコでは11月1日・2日が死者の日とされ、自分と親しかった故人の魂がこちらの世界に戻り、骸骨の姿で自分の元に訪ねて来るのだと考えられています。日本でいうお盆に近い行事ですね。そのためメキシコではこの時期になると、祭壇に死者をもてなすためのお酒や食べ物をお供えし、骸骨の人形を飾るそうです。また生きている人も骸骨の仮装をして街中を練り歩いてお祝いします。

日本では骸骨というと少し怖いイメージがありますが、メキシコの死者の日の骸骨たちはカラフルなデザインでむしろ可愛らしい印象を受けます。いつか死者の日も行事として日本に上陸する日が来るのでしょうか…?

ちなみに画像は以前購入した、死者の日限定デザインのメキシコビールです。