夜陰に響く虫の音が、熱帯夜に涼気を与えてくれますね。近頃は真夏日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか?
熱中症や脱水症状には十分お気をつけください。

また、暑苦しくて眠れない夜が続いてはいませんか?実は夏は睡眠の質が下がりがち。というのも、睡眠は低体温のときに良質になるのですが、逆に夏は高体温になるので、質が落ちやすくなるためです。
という訳で今回は、いい睡眠を取るべく、体温をすばやく下げる方法をご紹介します。
それがずばりこちら。

・保冷材を特定の部分に当てる
特定の部分、とは、太い血管がある場所、手首など脈打つ場所、皮膚と血管が近い所リンパ節 などです。具体的には首の後ろやわきの下など。そのような部位にタオルでくるんだ保冷剤を当ててみましょう。

簡単な方法ですが、効果は絶大です。(筆者による実験済み)比較的早く体温が下がり、写真の白熊のようにしかと涼しむことができるでしょう。

また、私はこの写真を壁紙にしたので、パソコンを開くたびに癒しと涼気をもらっています。動物はやはり可愛いものですね。

まだまだ暑い夏は続きますが、このように色々な方法で乗り切っていきましょう!

文責:スタッフタムラ